骨折して解った人様の性格・色々でございます。

 21, 2016 16:32
青空は眺めるだけより下を歩く方が気持ちが良い!
アッタリマエか? 
そんなアッタリマエの事が出来る幸せを感じます。

弁当を届けてくださったご近所さん!
お買物や差し入れをしてくれたババ友達!
感謝の言葉もありませんです

以外に嬉しかったのは、そんなに付き合いは深くないのに
郵パックに色んな駄菓子をテンコ盛りにして送ってくれたババ様♪

下記は私が思った???な人達です。

電話は時々かけてくれるのです。これは素直に嬉しい!
でもさ、共通の友人達に何度もおっしゃるそうです。
[お見舞いに行きたいのだけど、自宅を知らないのよね]
フ~ン! そうかい! 住所は知ってるだろうが・・・。

ゴミを玄関に外に出しておいたらピンポン♪ピンポン♪
私が出るまで何度もピンポン♪ ピンポン♪
まだ痛い足で這うようにして玄関へヤットコさ出ました。
[このゴミは出していいの?]とおっしゃる奥様!

骨折して家の中でも歩くのは大変だとご存知のはずなのに?
ごめんさいね。せっかく出してやろうと思ってるピンポンなのにね。
でもさ、1番痛い時期だったのです(*_*;

2016022112_1.jpg

完治も近い今日この頃、散歩してますと。
[困った事があったら電話をしてね]とおっしゃる奥様!
療養中は1度たりともお声は聞いておりませぬ。

これが世の中の縮図なんだとヒシヒシと感じておりやす!
骨折は様々の世間を見せてくれたのです(^^♪

WHAT'S NEW?