短歌と遊ぶ花ちゃんの暮らし

1人だって楽しいもん♪ 1人だって充実してるもん♪ ババアだって気持ちは乙女♪
-

3歳頃の出来事はハッキリと覚えてるんです。

最近、変な記憶がよみがえります。
それは私が3歳の頃です。この頃に私は母を亡くしました。

ありありと覚えてるのは誰かに背負われて母の土葬を見てる私。
同じ家に住んでるのに母の側へ寄らせてもらえなかった私。

ゴホゴホと咳き込み、喀血してる母の姿
近所の誰もが私と遊んでくれなかった・・・肺病が移ると言って。

全て鮮明に覚えているのです。
こういうのを三つ子の魂百までと言うのでしょうね。

この歳になって感じる事があります。
それは母に抱いてもらえなかった私が可哀想なのではなくて
幼い私を抱くことが出来なかった母の方が哀れなんです。

27歳で死んだ母の愛は3歳の記憶に生まれ変わったのですね。

2015110613_1.jpg

こんな事に思いを巡らせるなんておセンチな秋だからでしょうか?
あまり昔の事ばかり思いだすのは情所不安定なのかしら?

該当の記事は見つかりませんでした。