新年には姑が肌着を縫ってくれる

 02, 2015 21:00
姑は正月には新しい肌着を用意してくれます。
なにかひとつだけですが・・・・・。

それは足袋であったり肌襦袢だったりです。
肌襦袢は暮れの内にそっと縫っておいてくれるのです。

花ちゃんはどうせ縫ってくれるのなら!と注文をつけました。
肌襦袢と長襦袢を合体させてと言ったのです。
そして出来上がったのがこれです。

1508021_1.jpg

洗濯機で洗えるし、沢山着こまないで済むし。
腰巻と袖の部分がお揃いですよ。

1508022_1.jpg

花ちゃんの小さなパンティを見て、いつも口癖に言ってました。
[よくまあ! あんな小さいのに、こんな大きなお尻が入るわね!]
姑はメリヤスの股われパンツをはいてました。

この腰巻セットは、やっぱし・・・・捨てられません・・・です。




WHAT'S NEW?