FC2ブログ

そこそこ元気な花ちゃんの暮しです!

1人だって楽しいもん♪ 1人だって充実してるもん♪ ババアだって気持ちは乙女♪
-

イルミネーションの絵手紙を描きました

寒いから自宅で一人で遊びます。
足利フラワーパークのイルミネーションの絵手紙を描きました。

2018012811_1_1.jpg

白いハガキに墨汁を一面に塗りました。
一晩おいて乾かして、キラ☆キラの顔彩で絵を描きました。

20180128116_1_1_1.jpg

これはお土産の光る飴です。
行かなかったババ友へのお土産です。
お孫さん2名分とババの飴が1本です。
「今度会うときに光る飴を持って行くよ」と書いて投函しました。

詰め込めば想いの芯は雲隠れ
みそひと文字は小さき器


光る夜景を詠みたいのですがアタマに浮かびません。
なんだかんだと申してるうちに夕方になってしまいました。

元気で暮らせてるだけ良しとしなくてはいけませんね。

-

佐渡の海は荒々しく・・でも小学6年まで海見た事なし。

雪の及ぼす影響は多々にわたります。
私の家での小さな被害は今朝は給湯器が作動しなかった。
井戸水もあるのですが、こちらは24時間出しっぱなし。
今夜は給湯器の種火はつけっぱなしにするつもりです。

実はね・・・・ここだけの話!
私、小学校6年生の時まで海を見た事がなかったのです。

数年前に佐渡へ行った時にはびっくりしたなあ!もう!
ずっとずっと佐渡へ行ってみたいと思っていたのですよ。
佐度の荒い波や覆いかぶさるような空!

2018012611jpg_1.jpg

永劫に波はとどろき岩喰らう
尖閣湾は魔物も住めり


怖くて足元は覗けませんでした(*_*;
でもこれが佐渡なんだと感動しました。

20180126113pg_1.jpg

ねず色の雲の中にも雲の居て
飛び出してみよ佐渡の空より


海の上はすぐに雲、空がとっても低く思われました。
本当に雲の中に雲が居るように見えたのです。

20180126117.jpg

飛ぶ如く流れる如し佐渡の雲
ジェットフォイルは巨大魚と化け


もう一度佐渡へ行ってみたいです。
今度は急がないでのんびりと一人旅で!
始末して旅費を貯めなくてはね(^^♪
もっとゆっくりの船で波を楽しみながら。

皆さま 今夜も寒さに備え凍結にも備えてね。
楽しかった佐渡の想い出でした♪

-

懐かしく昭和を想う

元気印のババ様とジジ様の謳歌する平成30年!
だけどやっぱり昭和が懐かしい・・・・。
そう想うのはワタクシだけでしょうか?

クラスが幾つもあった我らの青春時代。
小学生3年生の時に尺とcmを両方習ったわ。
使い捨てのインスタントカメラを何個買ったやら?
ソロバンはきっと今でも使えると思う。

みんな揃ってジジ&ババになっちまった!
年に一度、電話をくれるババ友がいる。
私が電話に「出たら生きてる証拠」そうオッシャル。
来年も電話があって私が出られて、そう願う。

2018012511.jpg

楽しみは七十からの下り坂
スローペースで百まで生きる


わたしの回りには80歳・90歳でとても素敵な人が大勢いる。
のんびりゆっくりとで100歳まで生きてみましょう(^^♪

並び居る五十・六十・八十歳
幼児の呼ぶはみんな婆ちゃん


私は貴女より若いのよ!私は歳よりなのよ!
そんな事を言ってもさ。
幼児からみれば50歳過ぎればみな同じ。
こういうのを悪あがきと世間では申しますのよ。
失礼しました。

-

雪にも負けず足利フラワーパークのイルミネーションへ

昨日の事ですよ。
びっくりするくらいの大雪でした。
午後にあの雪の中をお出かけしたのです。
申し込んであった格安ツアーにです。

20180124117_1.jpg

今回はナントカ旅行社様、ナントカリズム様ではありません。
料金は食事券の900円が付いて4990円ですよ(^^♪
実質4000円だもんね。

201801241181_1.jpg

中止ですのお電話もないので集合場所へ!
同じく独居のババ友と一緒です。
参加者は20名・・・・・全員ババアでジジイはおらん。

201801241131_1.jpg

途中の道の駅は営業なしでトイレだけ。
そうだよね~この雪のなかに野菜があるかってんだ!
私はしっかり尿パットして行ったのさ。
多分、他のババもだね。

20180124119_1.jpg

足利フラワーパークはほゞ貸し切り状態で。
雪かきはしてあったし、風も無くてホンに良い具合♪
900円の商品券で夕食を食べてね。

20180124116_1.jpg

お土産にボールペンと絵葉書を頂いてさ。
とっても楽しかったんす!

201801241145jpg_1.jpg

なんとか旅行社様は採算があうのだろうか?
雪だから運転手様は2名いて、添乗員様もいてさ。

本日は1首はありませぬ。
昨日の雪で少々アタマはイカレポンチになっておりますゆえに

-

ボケてはならぬと今日は二首

外は予報の通りに雪が降ってます。
大雪にならないと良いのですが!
もうかなり積もっております。

こんな日はどこにも出かけずに音楽を聴いて。
時々はテレビも見たりです。

20180122112.jpg

目をとじて宇宙の騒めき聞きおれば
思惟のごときが風と来るなり


どんよりの空は寂しいけれど落ち着きもする。
目をとじてあるかないかの騒めきを聞きます。
一人でこんな事をしてるワタシはバカかもね(^^♪

われの手に伸びた気のする生命線
もっともっとと小筆でなどる


なんだか生命線は長くなったような気がいたします。
軽く百歳までは生きるのかも????

パソコンが使えて良かったと思います。
今では完全に年寄の玩具になっております。

-

ゴディバの粗品は可愛いっす!

明日の午後は雪!
そんなの信じられないくらいに暖かくて良い天気でした。

ゴディバでチョコレートを買いました。
滅多に買う事はないのですが・・・・。
法事のお返しに商品券を頂いたものですから、それで購入。

2018012114_1.jpg

こんな可愛いポーチが付いてました♪
肌ざわりも大きさもちょうど良さそう♪

2018012115_1_2.jpg

時々杯を交わす歌友達にお返しの意味も込めてプレゼントです。
奢ってくれたり、割り勘の時も私の支払いは少ないので。

今日はオフのんべんだらりゆきましょう
日がな一日来る春眺め


本日は日曜日だからのんびりと!
毎日が日曜日なんだから関係ないだろう!なんてヌカサナイデ♪
自分用のチョコも買ったんすよ。 4粒だけ。

2018012117_1.jpg

-

ボケてはならぬと1首をつくる

ぼけ防止の為には一首を!

番犬になりて百年役立たず
色も褪せたり張り子の毛並み


20180120119_1.jpg

あとひとつこれが最後とひとり言
喰らう三個の饅頭うまし


誰とも喋らぬ日々でも、食べる口だけは動いてますの。
ご飯の腹と饅頭の腹は違うのですね(^^♪

-

広辞苑を買うのを待って良かったのボヤキ!

広辞苑が新しくなったというのです。
発売日には本屋さんにありましたがビニールをかけてました。

私は購入するなら机上版が良いと思いました。
本の辞書は電子辞書とはちがう使い道あるのでは?
回りの文字も目に入ってくるでしょ?
そしたら違う言葉もひとつ覚えられるから。

老眼の私はどんなフォントかこの目で確かめたいのです。
だってあまり小さな文字だと見えないし・・・・・・・。
そう思って店員さんにお願いをしたのです。
この辞書の中身を見せてくださいませんか?

なんと!なんと!店員様の御返事は!
「出来ません!」そのまま諦めてかえりました。

2018012011_1.jpg

その後の新聞には広辞苑の誤り記載があり。
何が言いたいかともうしますと!
老眼の私は辞書のフォントの大きさも見せてもらえず。
こんな間違いだらけの初版を買わなくて良かったわ!

本日のボヤキでした。
小鳥の絵は掛け軸の一部です。

-

春はここだと黒ぼこが言ってます。

ぼけ防止の為に色んな習い事をしております。
それらのいくつかはこの春に卒業となります。

そのひとつに老人クラブの陶芸教室があります。
サボってばかりいたので我家には土の塊が・・・・。

こんなもん、家にあっても仕方がないのです。
だって窯も釉薬もないのだし。

ここんとこ内職をしておりました。
家の中でするので縁側が土だらけになってます。
粘土だからお掃除しても室内の排水溝には流せません。

この草履達は去年の作品です。
大きさは牛乳瓶の蓋より少し大きいかな?
みんな差し上げてしまって私の手元には写真だけ・・・。


2018018119.jpg

残った土で作りました。
仕上げ前の丸めた状態です。
素焼きさえやっておけば後はのんびりと作ろうと思ってます。
今年は少し凝ってお花の型押しなんかもしてみました。

20180118112_1.jpg

ボケ予防に良いと聞けばなんでもやりますわよ(^^♪
短歌もボケ予防に良いと聞いたので始めたのです。


霜柱踏めばざくざく冬壊る
春はここだと黒ぼこの言う


2018011899_1.jpg

春…待ち遠しいですね♪
花を育てたり里山に出かけてみたり。
1年で一番待ち遠しい季節は私はもちろん春ですよ!

このお花が好きなんです。名前は知りません。
シクラメンよりもずっと好き!
奮発して580円で買いました。

-

老化現象確認作業の壱

この季節、中々布団から出て来れません。
忍び寄る尿意には勝てなくて布団から這いだします。
歳をとるとどうしてトイレが近くなるのでしょうか?

朝方の「老化現象確認作業」は枕にへばりついてる髪の毛です。

へなへなのか細き髪の数本を
目覚めの仕事と枕より摘む


細くて肉眼では見落としそうです。
カラスの濡羽色の如きの髪の毛はどこへいったのやら?
それでもあるだけましでしょうか?

老眼鏡をかけてピンクの可愛いパジャマを着て
ケツを少々持ち上げながら布団に這いつくばって
髪の毛の採取をしている私を想像してくださいませ。


0180111511.jpg

年寄りにとって良き事もございます。
新しくなった広辞苑には加齢臭も登場したそうですから。
ジジ様方、もう辞書にも認知されたのですから
ジャンジャン加齢臭を撒き散らしてくださいませ。

該当の記事は見つかりませんでした。