短歌と遊ぶ花ちゃんの暮らし

1人だって楽しいもん♪ 1人だって充実してるもん♪ ババアだって気持ちは乙女♪
-

ウンチの短歌ですがごめんなさい。

夫は肺がんになりました。
会社の健康診断で分かった時はすでに遅し。
余命2年と宣告されました。
自宅にて緩和ケアを希望しました。

最後はもう寝たきりになりました。
でもね、最後まで頭はとてもしっかりしておりました。

20171123114.jpg

   神様は付随の夫に残しおり
          喋れる口と考える脳


神様ってなにもかも持って行くわけではないのですよ。
動けなくても夫婦の会話は出来るのです。

   夫の便少しとりやり小さなぷっ
         感謝の音符と2人で笑う


ウンチをホジクッテる最中に夫がオナラをするのです。
感謝の歌だよって夫が言います。

20171123112.jpg

    われの指学童なみのエスサイズ
        すぐそこなのに届かぬブツよ


私の指が短いので、そこにあるウンチに届かないのです。
結局は浣腸したりいろいろと挑戦します。


    ありがとう事なす度に言う夫の
      ことばの重みずっしり受けて


身体を拭いてもありがとう! うんちの世話でもありがとう!
いいえ・こちらこそありがとう! 貴方の妻で良かったです。

-

歳を取るとジジ友よりもババ友が1番さ!

先週と今週で3回も茨木県に行っちゃいました!
アッチコッチいるババ友達にお誘い頂いて♪
お喋りに花を咲かせました。
花は球根でなくても咲くのですよ! お喋りにだって!

昨日は袋田の滝に行ったのですよ。
夫が健在の頃・・・もう15年前にも1度行った事があります。
とても懐かしく思い出しました。

その頃の袋田の滝は歩くのが大変だったような気が。
今はエレベーターもあってホンにラクチン♪

20171122111_1.jpg

でもさ、滝はもっともっと水が流れていたような?
お水は何処へ行ったのでしょうか?
写真でみると岩にそうめんが貼り付いているみたいな。

201711221113_1.jpg

お店の雰囲気は昔と変わらないような。
変わらないからいいのよね。

201122114_1.jpg

竜神大吊橋とやらにいきましたが・・・実は私は高所恐怖症!
怖くてつり橋は渡れません!
だから東京タワーもスカイツリーも足元は見る事ができません。
でも、見てるだけでもとっても景色がきれいでした。

20171122118_1.jpg

恐る恐る下を見ればこんなに綺麗なんだけど・・・。
ウンと離れて写真は撮りました。
バンジージャンプをする人もいるそうです。

2017112211181_1.jpg

お友達は大切にしなくっちゃ♪
病気の時も元気な時も何気に声をかけてくれる。

歳を取るとババの友達は必要だけど、ジジ友はいらないね。
これ本音ですよ。最近はとくにそう思う!

-

広辞苑が新しくなるそうです。

今日はとっても寒いです。
いよいよ冬本番となるのでしょうか?

寒くたって腹はへります。
おやつは石油ストーブで焼いた焼き芋です。

2017112011881.jpg


  北風に今はオフだと答えおり
         冬の木立は直立不動


短歌には文法ってのがありまして。
ここんところはイマイチわかりませんが・・。
一応、広辞苑の電子辞書をひきながら作ります。

それからよく利用するのはネットの辞書です。
古語辞典や類語辞書もよく検索します。

201711201199.jpg

  枯れ蔓に枝を取られて山もみじ
        外して賜れと北風に請う


今、心配な事はですね。
広辞苑が第七版になるそうです。
第六版を持ってるのですが、大幅に変更があるのでしょうか?
広辞苑はお高いのでヤッタラメッタラとは購入できないのです。
なんで高いのでしょうかね?

ほんとうに!
入って来るものには限りがあるのにさ!
暮にかけては何かと物入りで・・・・シュンでございます。
 

-

想い出のいっぱい詰まった杖の歌なんです。

今日は想い出の杖の歌です。

   記念日に欲しい品はと尋ぬると
       杖を所望と父は言うたり


父の日に欲しいものは?と聞いたら
歩くのに困難な父は杖が良いと!

2017111822223.gif

    八年間父のお供になりし杖を
       ごくろうさまと白布で拭く


八年後、父が亡くなったので拭いてしまっておきました。

     使ってみるかと夫の言いだし父の杖
        二年過ぎて添う人のあり


父の死後2年経ち・・夫は癌になり歩くのも困難になりました。

201711182221.gif

    杖をつき病院通いの夫の背に
        父の影みゆいたわりの目の


杖を突いてヒョコタンヒョコタンとゆっくり歩く
夫には亡くなった父の思いやりが。

   夫逝きて更に九年あの杖は
        突っ支い棒にて網戸の友に


玄関にずっと置いてる杖の現在の姿です。
私はまだまだ杖なしでも私は歩けます。
でもきっと何時かは私も杖を頼りに!

たった1本の杖にもこんなに想いでが詰まってるのです。

画像はふわふわ。り様からお借りしてます

-

大大熟女様とお手紙の交換してますの。

私にはね、文通をしてる人がいるのです。
90歳の大大熟女様です(^^♪

1ヶ月に2度ほど絵手紙を描きます。
お返事?・・もちろん来ます。官製はがきでね。

90歳の大大熟女様がおっしゃったのです。
自分も絵手紙を描いてみたいと!

それが縁で月に1度だけご自宅にお伺いして
一緒に絵手紙を描いてますのよ。

人様に教える程の腕はもってないからとお断りしたのですが。
私で良いと言ってくれたので・・・。

2017111611.jpg
大根の絵手紙を明日投函致します。

本日の1首です。

   大根とねぎを一本かごに入れ
     庶民の旬は二百円な


松茸の旬には縁がないけれど大根ならね。
毎日食べれます。
これは130円の大根でございます。